marvel-networks blog

アメコミ映画、アメコミドラマ、アニメ、フィギュアなどをご紹介します(Twitter:@MARVEL_NETWORKS)

アベンジャーズ インフィニティ・ウォーで気になったところ ※ネタバレあり!!

2018/04/30

 

SHOWです。またまたものすごく久しぶりにブログを書きます。都内ではいきなり暖かい通り越して暑い日が続いています。また4月なのに。。。

 久しぶりのブログですが、今回は27日から公開の「アベンジャーズ インフィニティ・ウォー」を観てきたので感想を書いていこうかなと思います。

 

※本記事では作中の重要なネタバレを多く含みますので、ご注意ください!

 

f:id:marvel-networks:20180430145858j:plain

 

今回はストーリーをザックリ説明するのは難しいので本当に感想だけです。

 

 いや~とうとう公開されましたねインフィニティ・ウォー。今までのマーベル・シネマティック・ユニバース(以下MCU)の集大成がついに始まりました。全米興行収入もあの「フォースの覚醒」を抜いて歴代1位に輝き、全世界興行収入も6.3億ドルを稼ぎ出し、こちらも歴代1位。もはやMCUに敵なし状態ですね。

 肝心の中身はと言うと、壮絶で圧巻のストーリーでした。しかし、この全世界を興奮に包んでいるストーリーを理解するには、今までのMCU作品をしっかり観ていなくては厳しいです。「アベンジャーズなんだから、アベンジャーズアベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロンだけ観ていればいいんでしょ?」と思ったら大間違い。むしろ、その後の作品を見ていないと、さっぱり分からない。しかしそれでも売れているのは今までの作品が軒並みすべてヒットして、しっかりとファンを掴んでいたことに他なりません。まさに継続は力なり。

 さて、そろそろ本題。このMCU最高傑作の気になったポイントをいくつか。。。今後も気付いたら増えていくと思います。

 

<アイアンマン>

 今回登場した。アイアンマンmark50は凄かったですね。ナノテクでスーツをリアクター部に収納しているんですよね。形も今までのスーツとは一線を画し、変幻自在。盾を作ったり、腕がキャノンやソードになったり、現状トニーの最高傑作なのではないでしょうか。しかし、この技術ってワカンダの王、ブラックパンサーことティ・チャラのスーツと仕組みが似ているような気がします。あのスーツもネックレスにスーツが収納されていますよね。映画ブラックパンサーで、ティ・チャラ王はワカンダの技術を世界に向けて公開しました。トニーはワカンダの技術からヒントを得たのか、それても自力でたどり着いたのか。ちょっと気になります。

 

<ロキ>

 まさか超序盤であっさり殺されるとは。。。本当に死んだの??あのロキが??ロキのことですので正直まだ生死は疑っています。

 

<ハルク>

 こちらも超序盤で出番終了(バナーの出番は沢山ありましたが)。ハルク、表に出てこなくなっちゃいましたね。バナーが呼んでも「No!!」と言って出てきません。

 あれって個人的にはサノスにボコられてビビってしまっているのかな~と。きっとハルクの人生であんなにボコボコにされたのはあれが初めてではないでしょうか。初めて絶対的な恐怖を知って出てこなくなったのでは??

 

<ヴァルキリー>

 1秒も出てこなかったけど、ブラックオーダーに殺された??描写がなかったのでわかりませんでした。ソー達が乗っていたステイツマンも半分は生きているので無事な可能性もありますが。

 

<ソー>

 ストーム・ブレイカー、めちゃくちゃカッコよく強いですね。彼はムジョルニアを遥かに超える武器を手にしました。あれはムジョルニアと同じく、ソー(ふさわしき者)しか持ち上げられないのでしょうか?

 

<ストレンジ>

 ストレンジも強かったですね。あのサノスとタイマン張ってるときは凄いカッコよかったです。1400万605通りの未来をみて1パターンだけ勝てる方法を見出しましたね。

 トニーの命を救う代わりにタイムストーンをサノスに差し出しました。彼は「こうするしかなかった」と言っていました。タイムストーンを渡すことも勝利条件の1つなのではないでしょうか。

 

<サノス>

 最後にやりきった顔で、のどかな風景を眺めていましたね。あれは何処だったんでしょう。アベンジャーズ4にもつながりそうで気になります。

インフィニティ・ウォー、彼的にはハッピーエンドですよ。個人的にはサノスのやっていることもまたヒーローなんですよね。今のままでは確実に宇宙全体が滅んでしまうので、なんとしても救いたかったのでしょう(まぁその救う方法が大問題なわけですが)。

 

<フューリー>

 最後に出てきましたねフューリー。あれ、確実にキャプテン・マーベルを呼んでいますね。1990年代に会ったキャプテン・マーベルの映画が来年公開されますので、詳細はそちらで明らかになるでしょう。

私が気になったのは、そんな切り札があったのに、なぜロキがNYに攻めてきたとき使わなかったのか?というところ。あのメンバーだけでなんとかできると思ったのかな。

 

<生き残ったメンバー>

 これ、すぐ気付いたのですが生き残ったメンバーはアベンジャーズ初期メンバーですよね(クリントが生きていれば)。そこに次回作へのヒントがありそうな、なさそうな。。。

 

と、こんな感じです。日本では8月31日に公開されるアントマン&ワスプはインフィニティ・ウォー以前のお話だそうです。司法取引してクリントとスコットは自宅に軟禁状態ですから、その辺を描くのかもしれません。

 アントマンキャプテン・マーベルアベンジャーズ4までの必修科目になりそうです。

 

今回はここまで。

 

ありがとうございました。

ブラックパンサーを観てきました!~ネタバレと感想~

2018/03/01

 

 SHOWです。ものすごく久しぶりにブログを書きます。都内では今日からいきなり暖かくなり、過ごしやすいかと思いきや花粉地獄でした(笑)。

 久しぶりのブログですが、今回は本日から公開の「ブラックパンサー」を観てきたので感想を書いていこうかなと思います。

 

※本記事では作中の重要なネタバレを多く含みますので、ご注意ください!

 

登場人物

ティ・チャラ(ブラックパンサー)

 本作の主人公。シビル・ウォーでデビューした新しいヒーローですね。父(先代の王)をテロで失い、アフリカの小国ワカンダの王位を継ぎました。f:id:marvel-networks:20180301174830p:plain

 

エリック・キルモンガー

 本作のメインヴィラン。王位を狙う謎の男。彼の出自には大きな秘密が。f:id:marvel-networks:20180301174859p:plain

 

ナキア

 ティ・チャラの元カノ。でもティ・チャラは寄りを戻したい様子。本人もティ・チャラのことを信頼している。

f:id:marvel-networks:20180301174930p:plain

 

オコエ

 ワカンダの部隊ドーラ・ミラージュの隊長。ワカンダの王に忠誠を誓う戦士。すごく強いです。

f:id:marvel-networks:20180301175011p:plain

 

エヴェレット・ロス

 CIAの捜査官。シビル・ウォーから引き続き登場。今回ワカンダで起こる事件に巻き込まれます。結構いい人。 

f:id:marvel-networks:20180301175040p:plain

 

ラモンダ

 ティ・チャラ陛下とシュリ王女のお母上。優しく逞しいお母さん。f:id:marvel-networks:20180301175105p:plain

 

エムバク

 山奥に住むジャバリ族のリーダー。ゴリラの神を信仰している。ティ・チャラが王位を継承することが御不満な様子。 

f:id:marvel-networks:20180301175138p:plain

 

シュリ

 ティ・チャラ陛下の妹さん。お転婆だけど、トニー・スターク級の科学者。天才。お兄ちゃん大好きっ子。

f:id:marvel-networks:20180301175214p:plain

 

ウカビ

 ボーダー族のリーダー。オコエの恋人。ティ・チャラ陛下の友。祖国ワカンダへの愛が強い男。 

f:id:marvel-networks:20180301175256p:plain

 

ズリ

様々なことをティ・チャラに教えてくれる長老的な存在。若いころは先代の王、チャカの元で働いていた。スパイ活動をしていた。

f:id:marvel-networks:20180301175341p:plain

 

ユリシーズ・クロウ

 過去にワカンダに潜入してヴィブラニウムを盗み逃走。ワカンダに追われている。アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロンでも登場した。ウルトロンに腕をふっ飛ばされてからはキャノン付き義手を使っている。f:id:marvel-networks:20180301175431p:plain

 

※ここからネタバレ入ります。

 

<ザックリストーリーネタバレ>

 ヴィブラニウムは大昔に地球に落っこちてきた宇宙一固い鉱物でした。これを使って古代からワカンダは栄えてきました。他国とは次元が違う文明レベルです(ようやく最近になって世界もワカンダの技術に追いついてきたレベルです)。ヴィブラニウムはその特性上、武器にするととても強力なので、古代からワカンダはその技術を隠し続けて発展途上国としてやってきました(なので世界から見るとワカンダは農耕をおこなっているアフリカの小国という認識でしかないです)。国はミラージュコロイドのような技術で隠され、ホログラムでアフリカの山々を写しだしています。しかしミラージュを抜けるとアスガルドレベルの都市が!

 ティ・チャラは先代の王チャカがシビル・ウォーで亡くなったため、王位を継ぎました。継ぐときに決闘があるのですが、4つの部族は戦いを拒否(ティ・チャラを王として認めている証)しましたが、ジャバリ族は納得していないためリーダーのエムバクが挑みます。激闘の末、エムバクを倒してティ・チャラは王位につきました。決闘中、負けそうになったエムバクは死を選びそうになりましたが、ティ・チャラの熱い説得により降伏を選びました(これフラグです)。

 そのころイギリスでは博物館に展示してあるヴィブラニウムが奪取されます。盗んだのはクロウとキルモンガー達です。それを知ったワカンダはティ・チャラとオコエ、ナキアでヴィブラニウムが取引される韓国へ飛びます。そこにはCIAの捜査官エヴェレット・ロスがいました。彼はクロウを捕えるため偽の取引を持ちかけていたのです。

 罠と気付いたクロウは逃走。激しいカーチェイスの末、クロウはティ・チャラとエヴェレット・ロスによって捕まります。捕まった彼をエヴェレット・ロスが尋問しようとしますが、そこでキルモンガー達が襲来。逃がしてしまいます。キルモンガー達が襲撃した際、ナキアを狙った銃弾から彼女をかばい、エヴェレット・ロスが致命傷を受けます。ワカンダの技術でしか助けられないので、ティ・チャラは彼をワカンダへ(オコエはワカンダの技術が漏れることを恐れ反対しますがティ・チャラは彼を見捨てられないため連れていくことになります)。ワカンダの技術で復活したエヴェレット・ロスはワカンダを見てビックリ仰天。

 そのころ、逃走中のキルモンガーとクロウはぶつかっていました。キルモンガーがワカンダにいくと言い出したのです。クロウは当然拒否。殺し合いの末、クロウは殺されました。キルモンガーの唇の裏にはワカンダ人の証である光り輝くタトゥーが。キルモンガーはワカンダ人だったのです。

 時代は遡り1992年。ワカンダの先代の王チャカはアメリカにスパイとして派遣された弟ヌジョブとズリ(まだ若い)の元を訪れていた。ヌジョブはアフリカ系アメリカ人を含む世界中の同胞への差別をみて、ワカンダの技術を使って差別を受けている弱者に力を与えようとしていた。しかし、ズリから連絡を受け、ヌジョブはチャカに思惑を知られてしまう。ズリを殺そうとしたヌジョブだが、逆にズリを守ろうとしたチャカによって殺されてしまう。チャカは実の弟を殺したことをズリに黙っているように指示。彼は行方不明という扱いにした。しかし、ヌジョブには子供がいた。その子供こそがキルモンガーなのだった。キルモンガーはティ・チャラの従兄だったのだ。

 キルモンガーはワカンダにクロウの死体を手土産に持っていき、ティ・チャラに決闘を申し込む。彼はティ・チャラに勝利し、新しき王となった。敗れたティ・チャラは滝から落とされた。

 キルモンガーは王にのみ許されたハーブ(薬草)の力でティ・チャラと同様、強化された人間となる(身体能力が著しく向上する)。そのハーブを彼はすべて焼くことを命じたが、ギリギリでナキアが1つ盗み出した。

 キルモンガー新王はワカンダの武器を世界中の差別されている弱者の元へ送るよう指示。ワカンダの技術が世界に知れ渡るのも時間の問題となる。

 そのころハーブを盗み出したナキア、シュリ、ラモンダ(ティ・チャラの母上様)、エヴェレット・ロスは山奥へ向かい、エムバクの元を訪れていた。ティ・チャラと激闘を演じた彼ならばハーブを使い、キルモンガーを倒せると考えたからだ。しかし、エムバクは滝から落ちたティ・チャラを保護していた。命を一度助けられた彼は、ティ・チャラの命を救うことで借りを返したのだ。彼は瀕死の重傷だったがハーブの力を使い復活を遂げる。ハーブの力で先代の王の魂と出会い彼は父と再会する。ティ・チャラはチャカの判断(弟の子供をワカンダへ連れ帰らなかったこと)を責めた。彼は父の過去を清算するために再びキルモンガーへ決闘を挑む。

 激闘の末、キルモンガーを倒したティ・チャラはワカンダの夕日を見るのが夢だったキルモンガーのために彼を夕日が見えるところまで連れていく。ワカンダの技術を使えば命を助けられるが、ティ・チャラの申し出をキルモンガーは拒否。自ら命を絶った。

 こうしてワカンダに再び平和が戻った。キルモンガーの件でティ・チャラは世界中の難民のために支援することを決意。叔父であるヌジョブが殺されたところを買い取り、そこに支援センターを設立した。その後、国連でワカンダの技術を公開。ここでエンディング。

 

ポストクレジット

 MCUで毎度おなじみポストクレジットですが、今回はシビル・ウォーのラストでワカンダの技術によって冷凍されたバッキーが復活。シュリが「話したいことが沢山ある」といって終りました。インフィニティ・ウォーへの布石ですね。

 インフィニティ・ウォーのトレーラーではバッキー復活していましたし、メタルアームはワカンダの技術があればわけなく作れるでしょう。

 

<感想>

 まず最初に言いたいのは文句なしに面白かったです。シビル・ウォーやエイジ・オブ・ウルトロンで色々ヒントが出てきていたブラックパンサーやヴィブラニウムの秘密が明かされます。アイアンマンより刺激的で、ウィンター・ソルジャーより隙がなく、ラグナロクより親子の絆を描き、ガーディアンズよりパワフルで、ストレンジより神秘的でした。個人的には100点満点です。

 エヴェレット・ロスはシビル・ウォーのときは「こいついやみな奴だなぁ」と思っていたのですが、本作では結構いい人でビックリしました。今後も出てきてほしいです。

 ブラックパンサーは世界中で大ヒットし、アメリカでは社会現象になっています。公開から10日で世界興行収入が7億ドルですから、単独作品ではMCU No.1ヒットになるかもしれませんね。

 個人的に気になったのはいまだ最後のインフィニティストーンである、ソウルストーンが出てきていないことです。ブラックパンサーで確実に出るだろうとファンの間でも噂されていましたが、全く出てこなかったです(笑)。インフィニティ・ウォーで初お披露目なんでしょうね。

 そんなインフィニティ・ウォーは来月4月27日公開です。全米より早い公開です。

 

本日はここまで。

ありがとうございました。

2017年のMCU&DCEU作品の感想(点数付き)

2017/12/31

SHOWです。

 

 今年も今日で終わりですね。皆さんはどのように年末をお過ごしでしょうか。しがないサラリーマンの私も冬休みを取って家でゆっくりしています。

 

 さて2017年を振り返ってみるとアメコミ映画が沢山上映されましたね。特にMCUとDCEUが好きな私には嬉しい年でした。今年公開されたアメコミ映画は以下です。

ドクター・ストレンジ(MCU)

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー リミックス(MCU)

・ローガン(X-MEN)

スパイダーマン ホームカミング(MCU)

ワンダーウーマン(DCEU)

マイティ・ソー バトルロイヤル(MCU)

ジャスティス・リーグ(DCEU)

 

 今年はアメコミ映画意外にも、スター・ウォーズパイレーツ・オブ・カリビアントランスフォーマーなどの大作も目白押しでしたが、今回はMCU、DCEUの映画に絞って感想を書いていこうと思います。

 

 ここに記すことはあくまで私の個人的な感想なので、気にしない方だけ読んでいただければと思います。

※感想には各物語のネタバレが含まれます。ご注意ください。

 

MCU

ドクター・ストレンジ 85点

f:id:marvel-networks:20171231144326j:plain

 MCUの中ではそんなに高評価ではない本作ですが、私の中ではトップクラスの楽しさでした。今まで「アベンジャーズの中で誰が一番好きか」と問われても特にいなかったのですが、今は胸を張って「ストレンジ先生!」と言えるほどです。

 最大の見どころであるスコット・デリクソン監督の映像美ももちろんですが、魔術とカンフーを組み合わせたようなアクションも素晴らしく、ベネディクト・カンバーバッチマッツ・ミケルセン、ティルダ・スウィストンなどの豪華キャストの演技も冴えわたっていました。また、ヴィランであるカエシリウスを倒すときに「医者である以上敵を殺せない」彼がドルマムゥを使って倒すという落とし所は、今までのMCUになく新鮮に感じました。

 

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー リミックス 80点

f:id:marvel-networks:20171231144346j:plain

 前作の続きとなる本作、非常に楽しめました。ジェームズ・ガン監督の素晴らしいセンスが今回も光っていました。各キャラクターの小気味良い演出やギャグ、挿入歌で流れるブランデーやミスター・ブルースカイなど往年の音楽も作品にマッチしていて最高です。

ミックスは前作よりもさらに「家族」というテーマを強く感じました。クリス・プラット演じる主人公ピーター・クイル、実の父であるエゴ、育ての父であるヨンドゥ。この3人がそれぞれとても良い味を出していました。ピーターが最後の戦いでエゴに「私が死ねば普通の人間になってしまうんだぞ!」と迫りますが、彼は家族や仲間を思い出し、冷静に力強く「それの何が悪い」と答えるシーンは涙があふれました。

 少しだけ残念な点は話のテンポが遅いような気がしました。もう少し話をサクサクと進めていれば更に見やすい作品になったのかなと思いますが、これは個人の感覚によるところでしょう。

 

スパイダーマン ホームカミング 70点

f:id:marvel-networks:20171231144405j:plain

 シビル・ウォーで鮮烈なデビューを飾ったトム・ホランド演じるピーター・パーカーの物語。ヒーロー映画ですが、同時にジョン・ワッツ監督が描く青春ストーリーでもあります。主人公が15歳の高校生という設定はMCUではとても新鮮でした。

 トレーラーを観たときにスパイダーマンとアイアンマンが共闘するのかと興奮しましたが、スパイダーマンが一人で解決するお話でした。ピーターの成長を描くにはそれがベストだと思いますが、トニーとピーターの共闘や掛け合いをもっと深く描いて欲しかったです。また、学校での私生活シーンがちょっと長すぎかなと思いました(少し退屈でした)。

 打って変わって本作はヴィランがとても魅力的でした。マイケル・キートン演じるヴァルチャーことトゥームスはMCUの中でも一番好きなヴィランかもしれません。初めてヴィランに強く感情移入しました。彼は家族や職場の仲間を守るために悪事を働いています。個人的な復讐であったり、世界を壊すために悪の道へ進んだわけではないのです。世界中で格差が広がり続ける現代社会では、誰もがああなる可能性を秘めているのではないかと思わせるほど身近に感じるキャラクターでした。

 

マイティ・ソー バトルロイヤル 95点

f:id:marvel-networks:20171231144424j:plain

 タイカ・ワイティティ監督によって生まれ変わったと言ってもいいマイティ・ソーの最終章です。問答無用の面白さでした。前作のマイティ・ソー ダークワールドは暗くてシリアスなトーンでしたが、今回はコメディ要素がとても多くて、笑いあり涙ありの冒険譚になっていました。クリス・ヘムズワーストム・ヒドルストンマーク・ラファロケイト・ブランシェットテッサ・トンプソンなど豪華キャストの演技も見ごたえ 抜群です。

 何より良かったのはソーとロキとの関係の描き方です。義理の兄弟でありながら確執がある彼らの関係を今までになくシンプルに描いていました。「共に歩めれば良いと思っていたが、互いの道がもう交わることはない」とソーは綺麗さっぱり割り切っています。ロキももうソーに対して強く反発し、憎しみをむき出しにすることはありません。お互いの関係に「答え」というか「道」を見つけたんじゃないかなと思います。とにかくそこがグッドです。それだけでも最高なのに加えてハルクことバナー博士です。ハルクとソーの掛け合いはMCUファンならだれでも笑ってしまいます。「大男さん、もう日が沈む」からのソーがボコられてロキがガッツポーズの下りはタイカ監督からのファンサービスでしょう。また、ハルクが普通に会話しているシーンはとても目新しく、ソーと子供のように喧嘩しているシーンは微笑ましくもありました。今まではバナーを語ることがあってもハルクを語ることがなかったMCUはこれからハルクというキャラクターも掘り下げることが出来るようになりました。

 ソー、ハルク、ロキ、ヴァルキリーというガーディアンズ以上にデコボコな「リベンジャーズ」はもっと見ていたい組合せなので、これからまた結成してほしいくらいです。

 

★DCEU

ワンダーウーマン 90点

f:id:marvel-networks:20171231144441j:plain

 2017年はワンダーウーマンの年だったと言っても過言ではないと思います。世界的ブームになりましたね。物語はバットマンvsスーパーマンスーサイド・スクワッドとは異なる時間軸で、第一次世界大戦まで遡ります。よって他のDCEU作品とは関係性が薄く、逆にそれが功を奏したのかもしれません。個人的にも最高のヒロイン映画だったと思います。

 まず、ガル・ガドット演じるワンダーウーマンことダイアナ・プリンスがかなりのハマり役でした。RDJのアイアンマンレベルです。彼女でなくてはこのヒットは生まれなかったと思います。次に音楽です。BvsSでも流れた彼女のテーマ曲は一度聴いたら忘れられないほど印象的で力強い曲です。その他にもクリス・パイン演じるスティーブ・トレバーも非常に良かったです。優しく、時に厳しく彼女を支えます。監督はパティ・ジェンキンスという女性です。女性の監督した映画では世界最高のヒットになりました。女性ならではの視点でワンダーウーマンを描いたところも良かったのかもしれません。アクションもストーリーもわかりやすくかつ壮大でした。最後にスティーブが「僕は今日を守る。君は世界を守れ」はDCEUのなかでもトップクラスの名言だと思います。続編もパティ監督が撮るようなので期待大です。

 

ジャスティス・リーグ 100点

f:id:marvel-networks:20171231144457j:plain

 DCEUの総決算になる作品、それがジャスティス・リーグです。初めに言っておくと、興行収入は予想よりも低く、評論家からもイマイチな評価で終わりました。しかし、個人的には素晴らしい映画だったと思います。バットマンワンダーウーマン、フラッシュ、アクアマン、サイボーグ、そしてスーパーマン。各キャストがすべてのキャラクターが生き生きとしていて、特にベン・アフレックさん演じるバットマンは歴代で一番好きなバットマンになりました。今までのDCEUにはなかった昼のシーンも多く、見ごたえ抜群です。

 また、2時間というDCEUの中では短い時間のなかで物語がサクサクとテンポよく進むのも非常にグッドでした。退屈する暇がないのです。見ていて非常に痛快で楽しい映画です。また、音楽も最高でした。昔から知られているスーパーマンのテーマやバットマンのテーマも使われて、ファンとしては嬉しくなりました。そして何よりスーパーマンです。彼の強さがこのジャスティス・リーグに凝縮されています。強く優しく頼もしい私の大好きなスーパーマンが返ってきたような気がしました。今後のDCEUに関わってくるであろうダークサイドやグリーンランタン、デスストロークにも触れていました。さらなる世界の拡大に向けてDCEUの期待が高まる作品です。

 

★来年

 来年もMCU、DCEUの作品が公開されます。

ブラックパンサー(MCU)

アベンジャーズ インフィニティ・ウォー(MCU)

アントマン&ワスプ(MCU)

・アクアマン(DCEU)

 もちろんチェックしたいと思います!

 

いかがでしたか。

個人的な感想なので多めに見てくだされば幸いです。

 

本日はここまで。

ありがとうございました。

【朗報か悲報か】ウォルト・ディズニーが20世紀フォックスの映画事業を買収

 

2017/12/24

SHOWです。

 

 すっかり冬ですね。日に日に寒くなってきています。皆さんはいかがお過ごしでしょうか。寒い冬ですが11月23日には「ジャスティス・リーグ」、12月15日には「スター・ウォーズ 最後のジェダイ」が公開されて洋画業界は非常にホットです。

 そんな中、12月14日に映画業界に衝撃的なニュースが発表されました。ご存知の方も多いと思いますが、米ウォルト・ディズニー・カンパニーは21世紀フォックス社の主力事業を661億ドル(7.4兆円)で買収することが正式に発表されたのです。

 買収の対象は映画事業の20世紀フォックス、テレビ事業のFOXネットワークス、ネットメディアのHulu等でした。簡単に言うとFOXは一部のニュース系事業以外はディズニーに売ってしまったということになります。

 ディズニーによるフォックスの事業買収額は524億円(5.9兆円)、それに加えてフォックスの負債137億ドル(1.5兆円)も引き受けましたので計661億ドル(7.4兆円)となるようです。f:id:marvel-networks:20171224112626j:plain

f:id:marvel-networks:20171224112654j:plain

 

<買収額>

 急に661億ドルという巨額をニュースに記載されても比べるものがないと、私はピンときませんでしたので、ディズニーが以前買収したルーカス・フィルムとマーベル・スタジオの買収額を調べてみました。すると、両方とも40億ドル(約4484億円)だそうで、今回の661億ドルがいかに大規模かわかります。それほどまでにディズニーはフォックスの事業が欲しかったということになります。f:id:marvel-networks:20171224112721j:plain

f:id:marvel-networks:20171224112747j:plain

 

<ディズニーのシェア拡大>

 ハリウッドの配給会社はワーナー・ブラザーズ、ディズニー、フォックス、パラマウント、コロンビア、ユニバーサルがビッグ6と呼ばれていて、現在のシェア1位はワーナー・ブラザーズです。しかし、今回2位のディズニーが4位のフォックスを買収したことにより、勢力図が塗り替わり、ディズニーがトップに立つことになります。

 

<アメコミ映画への影響>

 洋画、特にアメコミ映画ファン以外は「まぁ大規模な買収があったのはわかったけど、観る側としてはあまり関係ないよね」と感じるかもしれませんが、世界中のアメコミ映画ファンとしてはこれはあまりに衝撃的なニュースでした。

 現在、ディズニー傘下のマーベル・スタジオでは2008年からマーベル・シネマティック・ユニバース(以下MCU)という映画シリーズが次々と公開されています。2017年現在、映画史上最も興行収入が高い映画シリーズで、スター・ウォーズシリーズやハリー・ポッターシリーズを超えています。そんな快進撃を続けているMCUですが、今まではある課題を抱えていました。それは版権問題です。MCUでは有名な「アベンジャーズ」ですが、同じく有名な「X-MEN」や「デッドプール」が同じマーベル作品なのに登場していません。これはディズニーとフォックスという配給会社の版権の壁があったので登場することが叶いませんでした。版権的には

 

◆ディズニー(マーベル・スタジオ=MCU)

アイアンマン、キャプテン・アメリカ、ソー、ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーアントマンドクター・ストレンジ、ブラック・パンサー等f:id:marvel-networks:20171224112821j:plain

 

20世紀フォックス

X-MENデッドプールファンタスティック・フォーf:id:marvel-networks:20171224112908j:plain

 

ソニー・ピクチャーズ

スパイダーマンf:id:marvel-networks:20171224113001j:plain

 

◆ユニバーサル

ハルク等

f:id:marvel-networks:20171224113022j:plain

 

となっており、本家のマーベル・スタジオ以外に版権が散らばっている状態なのです。現在、マーベル・スタジオにはソニーからはスパイダーマンが、ユニバーサルからはハルクが貸し出されており、MCUに出演可能となっておりましたが、フォックスのキャラクター達は今までずっとMCUに出演が出来ませんでした。

 しかし、今回の買収で版権の壁がなくなり、FOXのキャラクターがMCUへの出演が可能となったのです。

 ディズニーはこのことにもきちんと明言しており、

「買収の合意はX-MENファンタスティック・フォーデッドプールをマーベル・ファミリーという1つの屋根のもとに再結成して、キャラクターとストーリーが互いに混じり合う、観客に愛されてきた、豊かで複雑な世界を生み出す機会をディズニーに提供するものである」

と発表しています。

 この発言からMCUキャラクター達とフォックスのマーベルキャラクター達の合流は今後確実にあると予想できます。

 

 ちなみにハルクは最初からMCUに、スパイダーマンは2016年のキャプテン・アメリカシビル・ウォーから参加しています。しかし、配給会社同士の契約は複雑でファンの私としては早くマーベル・スタジオに彼らも戻ってきて欲しいのが本音です。

 

<朗報か悲報か>

 これを単純に良いことだと思っているファンも沢山いますが、反対に懸念の声も上がっています。 ポジティブな意見としては「MCUの幅が広がりさらに楽しくなる」、「アベンジャーズX-MENの戦いが見れるかも」と言った期待の声です。ネガティブな意見としては「フォックスのマーベル映画はR-18の過激なテイストが持ち味になっている。ディズニーに買収されたら生ぬるい作品になってしまうのでは?」、「今までのX-MENシリーズが好きだったのにMCUに合流させるためにリブートしちゃうの?」などの懸念の声です。

 正直。私自身はMCU合流賛成派なので、期待がとても大きいのですが、ネガティブな意見もわかります。また、MCUは現在、絶妙なバランスで世界観が成り立っており、急にX-MEN等を合流させると世界観が壊れてしまわないか、矛盾が生じないかという不安もあります。せめて現在のMCUフェーズ3が終わり、フェーズ4へ進むときに合流して欲しいと思っています。

 

<ディズニーの配信サービス>

 現在日本でも様々な動画配信サービスがありますね。Hulu、Netflixなどが有名です。それらに対抗してディズニーも動画配信サービスを企画中のようです。ディズニーとFOXのマーベル映画やマーベルドラマ、スター・ウォーズシリーズなどの人気シリーズが見放題になるようです(月額料金はまだ不明です)。Hulu、Netflixからそれらの作品を引き抜くとなると影響はとても大きいでしょう。ネット配信サービスのシェアも塗り替わってしまうかもしれません。

 私は現在Netflixに加入していますが、デアデビルパニッシャーのようなマーベルシリーズのために加入しているようなものなので、もしディズニーの配信サービスにそれらの作品が移るのならば、契約をスイッチするでしょう。

 

いかがでしたか。

これからもマーベルのキャラクター版権問題などは傾注して見守ろうと思っています。

 

本日はここまで。

ありがとうございました。

東京コミコン2017に行ってきました!

2017/12/11

SHOWです。

 

 久しぶりにブログを書きます。すっかり冬になりました。寒くて毎日布団から出るのが大変です。

 

 さて、今回は以前に当ブログで書かせていただいた「東京コミコン2017」に2日間参加してきました(全3日間)。そこでハリウッド俳優にお会いしたことを中心に書いていこうと思います。

 

<東京コミコン>

 東京コミコンは2017年12月1日(金)~12月3日(日)まで幕張メッセで開催されたポップカルチャーイベントです。アメコミやハリウッド映画、海外ドラマが好きな人たち向けに去年から始まったイベントです。

 海外ではサンディエゴやニューヨークのコミコンが有名で、長年アメリカでは親しまれています。

 

<どんなイベントなの?>

ザックリですが以下のような感じです。

・ハリウッド俳優との撮影会

・ハリウッド俳優のサイン会

・アーティストアレイ

・コスプレ集合撮影会

・オフィシャル展示

・企業ブース

等が主なイベント内容です。詳しくは東京コミコン2017の公式ホームページ(http://tokyocomiccon.jp/)をご参照ください。

 

<今回の東京コミコン>

 今回私は東京コミコンにゲストとして招かれたハリウッド俳優との撮影会やサイン会に参加してきました。

◆撮影会&サイン会に参加

マッツ・ミケルセン

 マッツ・ミケルセンさんは「007 カジノ・ロワイヤル」「ドクター・ストレンジ」「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」などに出演している俳優です。悪役から家族想いの父親役まで幅広い演技で知られる方です。コミコンのステージでは意外にお茶目な一面も見られました。とても親しみやすい方です。f:id:marvel-networks:20171211113605j:plain

f:id:marvel-networks:20171211113658j:plain

f:id:marvel-networks:20171211113740j:plain

一人ひとり丁寧にサインを書いてくださっていました。

 

カール・アーバン

 カール・アーバンさんは「ロード・オブ・ザ・リング」や「スター・トレック」、「マイティ・ソー / バトルロイヤル」に出演している俳優です。特にスター・トレックシリーズのレナード・マッコイ役で人気の俳優です。とても気さくでサインには名前も書いてくださりました。声までイケメンでした。f:id:marvel-networks:20171211113915j:plain

f:id:marvel-networks:20171211114146j:plain

f:id:marvel-networks:20171211114028j:plain

サイン会にマイケル・ルーカーさんが登場して大盛り上がりでした。

 

マイケル・ルーカー

 マイケル・ルーカーさんは「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」や「ウォーキング・デッド」に出演している俳優です。個性的な演技で人気を集めいている俳優です。コミコンのステージやサイン会でのファンサービスが素晴らしく、大暴れしてくれます(笑)。f:id:marvel-networks:20171211114256j:plain

f:id:marvel-networks:20171211114350j:plain

f:id:marvel-networks:20171211114506j:plain

とても元気な方で、撮影会では日本語で「アリガトウ!」と一人ひとり挨拶をしていました。

 

◆サイン会のみ参加

・スタン・リー

 2大アメコミ出版社のMARVELとDC、そのMARVELの立役者でありマーベルの父とも呼ばれるレジェンド。スパイダーマンX-MEN、アイアンマンやマイティ・ソーなど今や日本でも有名になった数々の作品を生みだしてきました。現在95歳という年齢にも関わらず、とてもパワフルなおじいちゃんです。f:id:marvel-networks:20171211114751j:plain

 

福原かれん

 福原かれんさんは「スーサイド・スクワッド」でデビューを果たした俳優です。スーサイド・スクワッドではカタナという役を務め、今後活躍が期待されている若手俳優です。ご厚意でツーショットも手持ちのスマホカメラで撮っていただきました。サインには名字も書いてくださりました(自分は緊張して名字を言ってしまいました(笑))。f:id:marvel-networks:20171211114949j:plain

f:id:marvel-networks:20171211115110j:plain

 

<その他>

 ほとんどの時間をサイン会と撮影会に使ってしまいましたが、コミコンの風景も撮影出来ました。皆さんとても凝ったコスプレをしていましたし、企業ブースもとても派手で賑わっていました。f:id:marvel-networks:20171211115819j:plain

f:id:marvel-networks:20171211115904j:plain

f:id:marvel-networks:20171211115932j:plain

f:id:marvel-networks:20171211120006j:plain

f:id:marvel-networks:20171211120037j:plain

f:id:marvel-networks:20171211120105j:plain

 

<実は夏にも>

 実は今年の夏にハリコン・コレクターズ・コンベンション(通称ハリコン)が九段下で行われたので参加してきました。「ゲーム・オブ・スローンズ」という海外ドラマのキャストが3人来日されました。その中のフィン・ジョーンズさんはMARVEL×Netflixのドラマ「アイアン・フィスト」で主人公のダニー・ランド(アイアン・フィスト)役を演じていて、サイン会と撮影会に参加しました。

f:id:marvel-networks:20171211115603j:plain

f:id:marvel-networks:20171211115309j:plain

 

<サイン>

f:id:marvel-networks:20171211115652j:plain

f:id:marvel-networks:20171211115735j:plain

 

<そして来年へ>

 東京コミコンは来年にまた開催されることが決定しました。次で3回目ですね。ハリコンは毎年何回か実施されているようなので、気になる方は東京コミコンやハリコンの公式Twitterや公式ホームページなどをこまめにチェックすることをオススメします。

 

<きっかけ>

 これは個人的なことですが、私がこういったイベントに参加するようになったのは去年の第1回東京コミコンでした。去年はアベンジャーズホークアイを演じているジェレミー・レナーさんが来日して、サイン会に参加しました。ジェレミーさんのサインは今でも宝物です(というより今までの俳優さんとの写真やサインは全部宝物です)。

 最初はこういったコミコンのようなイベントの勝手がわからず、不安でした(正直今でも不安になるときがあります)。英語も得意ではないので「来日している俳優さんに失礼なことを言ってしまったら」とか、「にわか知識しかないような自分でも行っていいのだろうか」とかいろいろと悩みました。しかし、勇気を出して一歩踏み込めばイベントに参加している方達もゲストの方達も皆さんとても温かい人たちで心から楽しむことができました。

 イベントに参加することに悩んでいる方は、一度こういったことに参加してみることが大事だと思います。きっと一人で来ても、友達と来ても楽しめます。自分と同じような趣味を持つ人たちが沢山いるとうれしくなりますし、趣味のモチベーションも上がります。これからも日本でこういったイベントは続いていくと思いますので、足を運んでみてはいかがでしょうか。

 

本日はここまで。

ありがとうございました。

マイティ・ソー バトルロイヤルを観てきました!~ストーリーと感想~(ネタバレあり)

2017/11/05

SHOWです。

 

過ごしやすい秋になりました。天気がいいと映画を観たくなります。

 

ということで今回は11/3に公開となった「マイティ・ソー / バトルロイヤル(原題はソー / ラグナロク)」を観てきましたので、ネタバレ含むストーリーと感想と今後の展開を書いていこうと思います。

 

<本作の位置づけ>

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の17作品目。マイティ・ソーシリーズの3作目にしてソー単独作品の完結作という位置づけです。f:id:marvel-networks:20171105133725j:plain

※ここから先はネタバレが含まれます。観ていない方はご注意願います。

※ソーの単独作品2作、ドクター・ストレンジアベンジャーズ2作を観てから観賞することをオススメします。

 

<登場人物>

ソーf:id:marvel-networks:20171105133852j:plain

 

ロキ

f:id:marvel-networks:20171105134137j:plain

 

ハルク

f:id:marvel-networks:20171105134233j:plain


 

オーディンf:id:marvel-networks:20171105134558j:plain

 

ヘラf:id:marvel-networks:20171105134621j:plain

 

ヴァルキリーf:id:marvel-networks:20171105134656j:plain

 

グランドマスターf:id:marvel-networks:20171105134739j:plain

 

スカージ

f:id:marvel-networks:20171105134831j:plain

 

 ドクター・ストレンジ

f:id:marvel-networks:20171105134909j:plain

 

※再度警告です。ここからはネタバレです。

<ざっくりストーリー>

 2015年に公開された「アベンジャーズ / エイジ・オブ・ウルトロン」から2年。ソーは宇宙に散らばっているインフィニティ・ストーンを探して旅をしていた。ムスペルヘイムの王スルトにわざと捕まって、鎖につながれているところから本編がスタートします。

 スルトと対決して危険な武器となる王冠を奪い(これが後に重要なアイテムとなります)、故郷アスガルドに戻ったソー。他の星へとつながるビフレスト(虹の橋)の番人ヘイムダルはいません。代わりに粗暴なスカージという男がいました。不審に思ったソーは偉大なる父オーディンの元へ向かいます。そこでは死んだ弟ロキの像が建てられ、オーディンは民衆と「ソー / ダークワールド(単独作品2作目)」の演劇をのんびり観ています。やはりおかしいと思ったソーはオーディンに向かって自慢のムジョルニアをぶつけようとします。ソーの思惑通り、オーディンはロキが化けていただけでした。ロキは生きていたのです(これはソーの2作目でわかっていたことです)。ソーはオーディンの居場所をロキから聞き出します。オーディンは記憶を無くされ、地球へ追放されていました。怒ったソーはロキと共に地球へ。

 そこで手がかりだった老人ホームは解体されていました。途方に暮れるソーとロキ。そこへ急にロキが謎の空間へと落とされます。ソーはそこへ現れたメッセージを元へある館へ到着します。そこで待っていたのは魔術師ドクター・ストレンジでした(ドクター・ストレンジの単独作品最期のシーンにつながります)。そこで彼にオーディンの居場所を教えてもらい、ロキと共にワープします。そこはノルウェーでした。

 オーディンは二人に語りかけ、「ラグナロクが始まる」と警告します。また、「2人で乗り切れ」とも。ソーはスルトを倒したことでラグナロクが回避できたと思っていました。しかし、オーディンは過去に過ちを犯していました。オーディンの子供はソーと養子のロキだけではなかったのです。彼の最初の子供は「ヘラ」という女性でソーの実の姉に当たります。死を司るヘラの力は強大で、また非常に危険な性格だったため、オーディンが封印していました。しかし、オーディンの寿命が尽きようとしている今、彼女は復活を遂げてしまいます。オーディンは二人に警告をした後、静かに死を迎えます。その直後、ソー達のもとにヘラが出現。ソーは彼女との対決を決意し、ムジョルニアを彼女へ投てきします。しかし、軽々と彼女はムジョルニアをつかみ、粉砕してしまします。焦ったロキはスカージにアスガルドへ戻せと命令します。虹の橋が出来て戻ろうとしますが、彼女も追ってきます。ソーとロキは途中で虹の橋から落とされてしまいます。

 ソーが流れ着いた星はサカールという星で、グランドマスターという男が支配している星でした。彼はコロシアムで戦士を戦わせています。ソーもヴァルキリーという女に捕えられて、コロシアムに連行されます。一方ロキはグランドマスターに上手く取り入り、観客としてそれを観ていました。サカール最強の戦士が対戦相手となったソーですが、なんとそこに現れた最強の戦士はハルク(ブルース・バナー)でした。ソーはハルクに呼びかけますが、ハルクはソーだと思わず、戦いを挑んできます。激闘の末、ソーは雷神への覚醒を経て後一歩のところでハルクを倒すところまで追いつめますが、グランドマスターの横やりによってハルクに敗北していまいます。

 ハルクの部屋で気がついたソーはハルクと話します。ハルクは以前と違い、バナーに戻ることはなく、ハルクの状態でしゃべります。どうやら彼はエイジ・オブ・ウルトロンの後、クインジェット(飛行機)でここサカールまで来たようです。ここが気に入っているようで地球に戻る気はないようです。エイジ・オブ・ウルトロンで甚大な被害を出したハルクは地球ではつまはじき者になっていると思っているです(事実そうかもしれません)。また、 ソーはアスガルドの危機をハルクに伝え協力を要請しますが、ハルクはそれを拒否。この星に残ると言い張ります。ソーはハルクをあきらめ、彼のクインジェットでサカールからの脱出を図ろうとします。そこへハルクがやってきて、クインジェットに残されたナターシャ(ブラック・ウィドウ)の映像をみてバナーに戻ります。彼は「ここはどこだ?ソコヴィアはどうなった?」と混乱状態。どうやらエイジ・オブ・ウルトロンから2年間ずっとハルクの状態だったようです。

 バナーはショックを受けます。また、もう一度変身したらもうバナーには戻れないこともここでわかります。しかし、まずはソーと一緒にサカールを脱出しようとコンビを組むことにします。また、ヴァルキリー(ヴァルキリーは過去にヘラに挑んだヴァルキリー最期の生き残りです)やロキもそこに加わり「リベジャーズ」を結成。ヘラを止めるためにアスガルドへ向かいます。

 一方アスガルドではヘラが逆らうものを殺しまくっていました。ソーの仲間だったウォーリアーズを瞬殺し、軍もあっというまに一人で倒してしまいます。

 ヘラに取り入ったスカージは彼女の過去を聞かされます。実はオーディンは過去にあらゆる星を侵略・征服していました。しかし、途中で改心し平和と秩序を守る存在となったのです。ところがヘラの野心は消えず、全宇宙を支配しようとしました。オーディンはそれを止めるべく封印したのです。オーディンがソーやロキには教えいてないアスガルド暗黒の歴史でした。

 ソーはリベンジャーズを伴いアスガルドへ戻ります(途中ロキはまた裏切ろうとしたのでサカールに置いてきました)。そこでヘラとの対決になります。しかしながらヘラの力はやはり圧倒的で片目をつぶされてしまいます。ソーがあきらめかけたとき、オーディンとソーが語ります。「ハンマーなしでは勝てません。私は父上のように強くなれない。」 オーディンは優しく諭します「お前は私よりも強い。お前はハンマーの神か?」ここでソーが雷神として覚醒し、ヘラを吹き飛ばします。ムジョルニアはあくまでソーの雷の力を制御するアイテムにすぎなかったのです。

 一方ヘラの軍と戦っているヴァルキリーやヘイムダルは苦戦を強いられていました。特にヘラが使役している巨大なオオカミのような猛獣フェンリスはとてもかないそうにありません。苦しめられているアスガルドの民をみてバナーはハルクに変身してフェンリスと戦います。そこへロキもサカールで手に入れた船とサカールの戦士達をつれて、アスガルドへ到着します。その巨大な船でアスガルドの民を匿うことにします。スカージもここで改心して、アスガルドの民を守るためにヘラに反旗を翻します。

 そこへ吹き飛ばされたヘラが戻ってきます。スカージも瞬殺されてしましました。覚醒したソーの一撃をくらってもピンピンしています。絶対に勝てないと感じたソーはロキにスルトの王冠を「永遠の炎」に入れてスルトをわざと復活させます。強大な力を経たスルトアスガルドを星ごと滅ぼします。ソー達は民やリベンジャーズと宇宙船に乗り脱出します。ヘラはスルトに星ごと吹き飛ばされました。

ここで一旦エンディング。

その後、宇宙船で旅をするソー一行。目的地は地球となりました。地球へ移住することにしたようです。しかし、そこに謎の巨大戦艦が現れて終ります。

 ここでさらにエンディング。

※さらに最後にグランドマスターがちょっと出てきますが、ちょっとしたサービス程度だと思っています。

 

<感想>

 個人的にはソーの単独作品ではブッチギリで面白かったです。もしかしたら、MCUフェーズ3で一番楽しかったかもしれません。

 とにかく序盤からアクションが派手で豪快だし、コメディタッチに描かれている部分も多く凄く笑えました。また、派手な内容にも関わらず、MCU作品の内容もちゃんと考慮されていて、その辺の絶妙なバランスはタイカ・ワイティティ監督の手腕に強く感心しました。

 また、ソーとロキの関係がとても良くなっていました。良い意味で二人とも互いのことをあきらめていて、非常にすっきりとした関係になっています。ロキがソーに抱えているコンプレックスは薄れているし、ソーもロキに無理強いして何かを強要しなくなっています。バナー博士はAoUの後何が起こっていたかを中心に描かれていました。ソコヴィアのことを心配したり、もうバナーに戻れなくなることがわかっていても、傷つく民を見捨てられなかったりするところが、彼の優しさであり、強さだと思います。そういった面も非常に良く描けていたと思います。

 逆に不満な点もあります。まずはウォーリアーズです。ヘラの圧倒的な強さもわかりますが、あまりにあっさり死んでしまい、ビックリしました。過去の単独作品ではメインを張っていたキャラクターをモブのごとく瞬殺なのは少し残念です。また、ジェーン(元恋人)との話もサラッと流されてしまったことも残念でした。

 とは言え、全体的に非常に見やすい作品でした。アベンジャーズシリーズを知っているとより楽しめますが、これだけでも楽しめると思います。

 

<最期のシーン~インフィニティ・ウォーへ~>

 最後に出てきた戦艦は間違いなくサノスの戦艦でしょう!これはもう絶対にインフィニティ・ウォーへの布石でしょう。「今から期待していて欲しい!」という、マーベルスタジオ社長ケヴィン・ファイギさんのメッセージだと勝手に受け取っています(笑)。

 また、来年のインフィニティ・ウォーの前には「ブラック・パンサー」が控えています。そちらも大期待して待っています。

 

 

本日はここまで。

ありがとうございました。

今年も東京コミコンがやってきます!

2017/10/29

 

SHOWです。

 

 最近台風が多くて大変ですね。朝の通勤や通学に多大な影響を及ぼしています。自分も例に漏れず通勤が大変でした。

 さて、本日は「東京コミコン」について少しご紹介いたします。

 

<東京コミコンって何?>

 まず、コミコンとは「コミックコンベンション」の略で世界中で行われているポップカルチャーとテクノロジーのイベントです。海外のコミック(アメコミ等)、洋画、ドラマ、アニメ、ゲームなどが中心のイベントで、アメリカのサンディエゴでは毎年7月に行われて13万人もの人が参加するビッグイベントです。

 去年から日本でも行われるようになり、今年は2回目です。詳しくは東京コミコン2017をチェックしてみてください。

 

<日時と場所>

日時:2017年12月1日(金)~2017年12月3(日)

12月1日:12:00~19:00

12月2日:10:00~19:00

12月3日:10:00~18:00

 

場所:幕張メッセ ホール9-11

 

<入場券>

入場券は現在、チケットぴあ等で前売券が発売中です。

前売券:大人3200円、中高生2200円です(小学生以下は無料)。

当日券:大人3500円、中高生2500円です(小学生以下は無料)。

※チケット詳細はこちら(チケット Ⅰ 東京コミコン2017

 

<コミコンの目玉>

 コミコンの目玉は何と言ってもスペシャルゲストだと思います。海外から著名人がやってきて、サイン会や撮影会が行われます(サイン会や撮影会には別途チケットを買わなければなりません)。今年のゲストも豪華です。私もチケットを買い、当日サイン会や撮影会に参加する予定です。

 

 

<スペシャルゲスト>

 スパイダーマンX-MENアベンジャーズ等の原作を手掛けた生みの親であり、アメコミ会のレジェンドと呼ばれているスタン・リーさん。

f:id:marvel-networks:20171029150543p:plain

 

 スティーブ・ジョブズさんらと共にAppleを創設したテクノロジーの王と呼ばれているスティーブ・ウォズニアックさん。

f:id:marvel-networks:20171029150607j:plain

 

 海外ドラマ「ハンニバル」や映画「ドクター・ストレンジ」、「ローグワン/スターウォーズストーリー」などが有名な俳優、マッツ・ミケルセンさん。

f:id:marvel-networks:20171029150625j:plain

 

 映画「ロード・オブ・ザ・リング」や「スタートレック」などが有名な俳優、カール・アーバンさん。

f:id:marvel-networks:20171029150643j:plain

 

 海外ドラマ「キャッスル/ミステリー作家は事件がお好き」などが有名な俳優、ネイサン・フィリオンさん。f:id:marvel-networks:20171029150701j:plain

スティーブ・ウォズニアックさんのサイン会と撮影会は予定されていません。

  

 洋画や海外ドラマでは見ていても、こういった機会がなければなかなかお会いできない、豪華なゲストですね。

 撮影会やサイン会のチケットは一部売り切れもありますが、チケットぴあ等で購入できます。また、こういったサイン会や撮影会のチケットは昨年、当日券も販売されていましたので、売り切れているチケットも当日チャンスがあるかもしれません。

 

 私自身、マーベル映画が大好きなので、マーベルコミックの伝説スタン・リーさんや「ドクター・ストレンジ」でカエシリウス役を演じたマッツ・ミケルセンさん、そして11月3日公開の「マイティ・ソー/バトルロイヤル」でスカージ役を演じているカール・アーバンさんのサイン会と撮影会に参加する予定です。

 ちなみに昨年はアベンジャーズホークアイ役を演じているジェレミー・レナーさんが来日して話題になりました。

 

<他にも楽しみがいっぱい>

 もちろん楽しみは他にもあります。コスプレが好きな人には「コスプレコンテスト」や「集合撮影会」等が予定されています。

 昨年、ステージではスタン・リーさんなどのゲストを招いたトークショー、映画の撮影に使われたものを展示するスペースなどもありました。今年も行われるでしょう。

 その他にもアメコミ関連の企業ブースや個人ブースも沢山出展されていて、一日では足りないくらい盛りだくさんな内容でした。

 

 いかがでしたか。海外のポップカルチャーが好きで、気になっている方は1日でも足を運んでみてはいかがでしょうか。きっと楽しめると思います。

 

本日はここまで。

ありがとうございました。