読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

marvel-networks blog

アメコミ映画、アメコミドラマ、アニメ、フィギュアなどをご紹介します

ホットトイズ(HotToys)を楽しもう

 

SHOWです。

 

今回は私が最近ハマってるフィギュアとそのメーカーを紹介いたします。

フィギュアと言ってどんなものを想像するでしょうか。UFOキャッチャーでとれるフィギュアも最近はクオリティが高くて驚きますよね。

今回はハリウッド映画のキャラクターたちをフィギュア化しているメーカー、「HotToys(ホットトイズ)」のフィギュアを簡単にご紹介いたします。

 

<ホットトイズとは>

ホットトイズは香港の玩具メーカーで、ハリウッド映画のキャラクター達をフィギュア化した「ムービーマスターピースシリーズ」で日本でも注目を集めています。日本にも直営店があり、原宿にある「トイサピエンス」でそのクオリティを確かめることができます。

MARVELやDCなどのアメコミ映画、スターウォーズターミネーター等の有名なSF映画のキャラクター達がフィギュア化されていますが、私が持っているものは7体ありますのでご紹介いたします(すべてアメコミヒーローです)。

 

<フィギュア>

「キャラクター名(映画の作品名)」となります。

キャプテン・アメリカ(キャプテン・アメリカ/シビル・ウォー)※1

今年公開されたキャプテン・アメリカ/シビル・ウォーのキャプテン・アメリカです。

盾にはブラック・パンサーに付けられた傷があります。台座もリアルです。

f:id:marvel-networks:20160723195030j:plain

f:id:marvel-networks:20160723195141j:plain

 

◆アイアンマン マーク43(アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン)※2

AoUで活躍したマーク43。胸部のリアクターや手のひら等が発光します。また、トニー・スタークの顔もみれます。こちらの台座もリアルです。

f:id:marvel-networks:20160723195322j:plain

f:id:marvel-networks:20160723195407j:plain

 

マイティ・ソー(アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン)※3

AoUでのソーです。ムジョルニア(ハンマー)が発光します。腕の関節が見えないので非常にリアルです。 

f:id:marvel-networks:20160723195504j:plain

f:id:marvel-networks:20160723195533j:plain

 

◆ハルク(アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン)※4

AoUでのハルクです。眼球を細かく動かすことができます。これは通常版ですが、DX版はハルクの表情が異なるヘッド、腕を大きく振り上げる動体がつきます。

f:id:marvel-networks:20160723195615j:plain

f:id:marvel-networks:20160723195645j:plain

 

◆スター・ロード(ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー)※5

GotGでのスター・ロードです。マスクをつけたヘッドも付いていますが、個人的には顔が出ているこちらのヘッドが好きです。

f:id:marvel-networks:20160723195802j:plain

f:id:marvel-networks:20160723195843j:plain

 

アントマン(アントマン)※6

アントマンの主人公、スコット・ラングことアントマンです。スコット・ラングの表情も見れます。合皮性のスーツがリアルです。

f:id:marvel-networks:20160723200217j:plain

f:id:marvel-networks:20160723200253j:plain

 

◆スーパーマン(マン・オブ・スティール)※7

MoSのスーパーマンです。表情が非常にリアルで気に入っています。BvsSのスーパーマンも発売しています。

f:id:marvel-networks:20160723200401j:plain

f:id:marvel-networks:20160723200428j:plain

※1 香港で行われたシビル・ウォー公開記念イベントで限定300体にて販売されたものです。日本国内では発売していないものです。偶然、輸入品をゲットすることができました。

※2~※7 Amazon等で購入することが可能だと思いますが、古いものはプレミアがついて定価より高価になっているものもあります。ご注意ください。

 

<特徴>

 これらのフィギュアの特徴は非常にリアルだということです。実際の俳優さんの肖像権をクリアしているので、ここまでリアルなものを作れるのでしょう。私は動かすことがあまりありませんが、アクションフィギュアなので様々なポージングが可能で、映画のワンシーンを再現することも可能です。また、付属の小物も充実しており、よりリアルで臨場感あふれるシーンも撮影可能です。私が見てきたフィギュアたちの中ではトップクラスのクオリティです。

大きさは1/6スケールなので30cm~35cm程度です(ハルクはもっと大きいです)。普通のフィギュアより大きめだと思います。ラインナップはまだそんなに豊富ではありませんが、1/4サイズもあります。1/4サイズはさらにリアルに作られています。

 

<価格>

 フィギュアの中では非常に高価な分類だと思います。1体あたり3万円~5万円程度します。プレミアがついたりすると価格がさらに上がる場合もあります。2~3年前はもう少し安く2万円~3万円程度だったそうですが、人気がでてくると値段がどんどん跳ね上がっていったようです。もちろん1/4サイズはさらに高額となります。

 しかし、近年は在庫が多く、処理するために、Amazonなどで急に値段が下がることが多々あります。30%~40%OFFは良く見かけます。ものによっては半額以下になる商品もあります。定価で買ったユーザーからは不満の声がTwitterなどで見られます。

 

<発売日>

 発売日が延期になることが多々あります。納期を守れないメーカーは厳しい目で見られることが多いですが、クオリティと価格が高いフィギュアなので、「適当な出来栄えになるくらいなら、延期しても良いのでクオリティを維持してほしい」という意見も見られます。1ヵ月~2ヵ月の遅れはざらで、半年以上後になるものもあります。また、前倒しもたまにあり、ユーザーからは発売日をあまり信用されていないメーカーのようです。

 

<個人的な感想>

 色々特徴を記載しましたが、特に値段は驚きました。アニメのフィギュアも高いものがありますが、特別なプレミアがつかない限り1万円~2万円位が相場です。もちろん、その値段に見合った出来なので、人気が出ているのでしょう。私自身も値段は納得して買っております。ただ、近年の値上がり方が続けば、ユーザーは離れていく可能性があると思います。迷っているものはAmazon等で値段が下がるのを待つのも一つの手だと思います。

 

<イベント>

 今年の9月に「スーサイド・スクワッド」が公開されることを記念して六本木にてイベントが開催されます(詳細:バットマン100%ホットトイズ | 映画『スーサイド・スクワッド』の公開に同期し、今秋最大級の体感型エキシビションを六本木で開催!! #bat100)。ここでしか手に入らないフィギュアもあるようなので、バットマンファンはぜひ(入場無料です)。今年の4月はシビル・ウォーやエイリアンのイベントも原宿のトイサピエンスでやっていたので、こういったイベントには力を入れているようです。

 

<今後買う予定のフィギュア>

 余談ですが今後ほしいものはバットマン(BvsS)、ワンダーウーマン(BvsS)、ドクター・ストレンジ、ブラック・パンサー(CW)などが欲しいと思っております。

 

買い始めたのは本当に最近なので、まだまだ初心者ですが、これからも注目していこうと思います。アニメのフィギュアもいくつか持っていますのでいつかそちらも紹介したいと考えています。

f:id:marvel-networks:20160723200536j:plain

今回はここまで。

ありがとうございました。