読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

marvel-networks blog

アメコミ映画、アメコミドラマ、アニメ、フィギュアなどをご紹介します

X-MENの映画シリーズを楽しもう

SHOWです。

 

本日から公開の映画「X-MEN アポカリプス」を観てきました。X-MENの映画シリーズは今まで多く公開されていますが、皆さんはご覧になったことがあるでしょうか。「たくさんありすぎて今更無理・・・」と敬遠するのはもったいないので、少しご紹介いたします。

 

f:id:marvel-networks:20160811173857j:plain

 

<X-MENシリーズとは>

アメコミ大手MARVELが手掛ける人気作品の映画で、「ミュータント」と呼ばれる異能力者たちの活躍を描いた作品です。「ミュータントと普通の人間はわかりあえるのか」がシリーズを通しての深いテーマとなっています。

MARVELが手掛ける作品は以前ご紹介した、アベンジャーズでもおなじみのMCUシリーズがありますが、このX-MENの作品群とは関係ありません。これは映画配給会社が異なるため、同じ世界観ではないと認識するのが良いと思います。

 正式なシリーズとしては現在公開中のアポカリプスを含め、旧シリーズ3本、新シリーズ3本、スピンオフ3本製作されています。以前ご紹介したMCUやDCEUと同様にこれら作品群も同じ世界観を共有しています。

 

<旧シリーズ>

X-MEN(2000年公開)

X-MEN2(2003年公開)

X-MEN:ファイナルディシジョン(2006年公開)

これらが旧シリーズですが、あのスパイダーマンより前に一作目は公開されているんですよね(ちなみにスパイダーマンは2002年に一作目が公開しています)。まさにMARVEL映画の先駆けですね。ちなみに一作目が公開されてから16年がたちますが、全シリーズのウルヴァリン役はすべてヒュー・ジャックマンさんという俳優が務めています。すごくハマり役なんですよね。

 個人的にはアポカリプスを観る前にチェックしておいたほうがよいと思います。ただ新シリーズほど必須ではないように思います。

 

ウルヴァリン(ヒュー・ジャックマン

f:id:marvel-networks:20160811173950j:plain

 

<新シリーズ>

X-MEN:ファーストジェネレーション(2011年公開)

X-MEN:フューチャー&パスト(2014年公開)

X-MEN:アポカリプス(2016年公開)

 こちらが新シリーズ。本日公開のアポカリプスを観るにはファースト・ジェネレーション(以下FG)、フューチャー&パスト(以下F&P)を観ることを強くお勧めします。旧シリーズはウルヴァリンが主人公でしたが、新シリーズは明確な主人公が定義されていないように思えます。個人的にはプロフェッサーXとマグニートーが主人公だと思います(F&Pはウルヴァリンが主人公)。

 

プロフェッサーX(ジェームズ・マカヴォイ)

f:id:marvel-networks:20160811174207j:plain

 

マグニートー(マイケル・ファスベンダー)

f:id:marvel-networks:20160811174306j:plain

 

<スピンオフシリーズ>

ウルヴァリン:X-MEN ZERO(2009年公開)

ウルヴァリン:SAMURAI(2013年公開)

デッドプール(2016年公開)

こちらがスピンオフ作品。ウルヴァリンシリーズは本編にも多少絡んできます。観なくてもアポカリプスは楽しめると思いますが、他作品同様観ているとより楽しめるでしょう。

デッドプールは今年6月に公開されたある意味で異質の「問題作」です。内容はR-15指定なので少しグロテスクなシーンがありますが、今までの作品の中で一番軽くて見やすい作品だと思います。主人公のデッドプールはかなり「イカれた」キャラクターなので、人を選ぶキャラクターといえます。正直、不快に感じる方もいるかもしれません。個人的には自由で楽しいキャラクターなので好きですが(笑)。

 

デッドプール(ライアン・レイノルズ)

f:id:marvel-networks:20160811174434j:plain

 

<観る順番>

 作品は基本的に公開順に観ていけば問題ないと思います。旧シリーズ⇒新シリーズ、気になったらスピンオフといった感じで良いと思います。デッドプールとアポカリプス以外はTSUTAYAやGEOなどでレンタルすることが可能です。

 

ちなみに来年にはウルヴァリンの三作目が公開される予定です。今まで長くウルヴァリンを務めたヒュー・ジャックマンさんは最後になるようです。ヒュー・ジャックマンさん、本当にお疲れ様でした。

 

今回はここまで。

ありがとうございました。