marvel-networks blog

アメコミ映画、アメコミドラマ、アニメ、フィギュアなどをご紹介します(Twitter:@MARVEL_NETWORKS)

グランド・イリュージョンとスーサイド・スクワッドを観ました

2016/09/18

SHOWです。

 

 9月は映画館で2つの作品を観てきました。「グランド・イリュージョン 見破られたトリック」と「スーサイド・スクワッド」です。どちらも非常に面白かったです。今回はこれらの作品を少しだけご紹介いたします。

 

<グランド・イリュージョン 見破られたトリック>

 グランド・イリュージョンの2作目。グランド・イリュージョンは4人の凄腕マジシャン、「フォー・ホースメン」たちが、その技術を駆使して巨悪を暴くストーリー。言ってみれば「義賊」みたいなイメージでしょうか。前作以上にトリックが話の中に散りばめられており、最後まで結末が予測できません。

 本作はジェシー・アイゼンバーグさん演じるフォー・ホースメンのリーダー、ダニエル・アトラスが主人公です。ジェシー・アイゼンバーグさんは「バットマンvsスーパーマン」でレックス・ルーサー役を演じていました。今回もその高い演技力が光ります。また、ホースメンたちを裏で束ねるディラン・ローズ役には「アベンジャーズ」でブルース・バナー(ハルク)を演じたマーク・ラファロさん、敵ウォルター・メイブリーは「ハリー・ポッター シリーズ」でハリー・ポッター役だったダニエル・ラドクリフさん、それ以外にもモーガン・フリーマンさんなど超実力派の俳優が目白押しです。最後まで爽快に騙され続けた2時間でした。

 余談ですが、ジェシー・アイゼンバーグさんは前作では長髪でしたが、「バットマンvsスーパーマン」で髪をスキンヘッドにしたので、今回は坊主頭です。でもカッコいい。

 

ジェシー・アイゼンバーグさん(ダニエル・アトラス)

f:id:marvel-networks:20160918130134p:plain

 

マーク・ラファロさん(ディラン・ローズ)

f:id:marvel-networks:20160918130148p:plain

 

ダニエル・ラドクリフさん(ウォルター・メイブリー)

f:id:marvel-networks:20160918130203p:plain

 

<スーサイド・スクワッド>

 「マン・オブ・スティール」、「バットマンvsスーパーマン」に続くDCエクステンデッド・ユニバースの三作目です。本作の主人公たち「スーサイド・スクワッド(自殺部隊)」はバットマンやスーパーマンのようなヒーローではなく、ヴィラン(悪役)で構成されています。

 「バットマンvsスーパーマン」にてスーパーマンがいなくなり、危険で強力な宇宙人やメタヒューマン(超能力者達)が現れた際、どう対処すればよいのか、世界は答えを出せていませんでした。そこで、政府の高官アマンダ・ウォーラーはバットマンやフラッシュのようなヒーローが捕まえた強力な犯罪者たちを使い捨ての駒として利用する「タスクフォースX」プロジェクトを軍に提案して・・・というストーリー。しかし、彼らは大悪党。そう簡単に言うことは聞きません。さらにバットマンの宿敵、ジョーカーまで絡んできます。また、最後のバトルも熱く、手に汗握る展開でした。最後は私自身もスーサイド・スクワッドを応援していました。

「悪vs邪悪」をコンセプトにしたこの作品、DCのライバル社のMARVELとは一味違った爽快感がある作品でした。

 ちなみにスーサイド・スクワッドのメンバー、「デッド・ショット」はあの名優ウィル・スミスさんが演じています。

 

ウィル・スミスさん(デッド・ショット) 

f:id:marvel-networks:20160918130234p:plain

 

マーゴット・ロビーさん(ハーレイ・クイン)

f:id:marvel-networks:20160918130306p:plain

 

ジャレット・レトさん(ジョーカー)

f:id:marvel-networks:20160918130321p:plain

 

いかがでしたか。

みなさんの興味が少しでも出てくれば幸いです。

今後も劇場で映画を見たら少しずつ紹介できればと思っております。

 

今回はここまで。

ありがとうございました。