読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

marvel-networks blog

アメコミ映画、アメコミドラマ、アニメ、フィギュアなどをご紹介します

キングコング 髑髏島の巨神を観に行きました!(ネタバレあり)

2017/03/26

SHOWです。

 

 段々暖かくなり、春らしくなってきました。今回は昨日の3月25日から公開が始まった「キングコング 髑髏島の巨神」を観に行ったので、ご紹介いたします。

f:id:marvel-networks:20170326213501j:plain

★今回の紹介は映画の重要なネタバレも含まれます。お読みになる際は、自己責任でお願いいたします。

 

<キャスト>

 キャストはマーベル映画好きには堪らないキャスティングです。

 主人公のジェームズ・コンラッド役はマイティ・ソーシリーズでロキ役を演じているトム・ヒドルストンさん、ヒロインであるメイソン・ウィーバー役にアベンジャーズ/インフィニティ・ウォーから参戦が決定しているキャプテン・マーベル役のブリー・ラーソンさん(2015年には「ルーム」という作品でアカデミー主演女優賞を獲得!)。コングに復讐を誓う軍人プレストン・パッカード役にはアベンジャーズでフューリー長官を演じているサミュエル・L・ジャクソンさん。いずれも豪華なキャスティングですね。

トム・ヒドルストンさん

f:id:marvel-networks:20170326213544j:plain

 

ブリー・ラーソンさん

f:id:marvel-networks:20170326213614j:plain

 

サミュエル・L・ジャクソンさん

f:id:marvel-networks:20170326213646j:plain

 

★ここからは本当にネタバレです。ご注意ください!★

<ストーリー>

 時代は1973年という設定。地球上の巨大生物をひそかに調査するモナークという組織が髑髏島を衛星で発見し、調査しに行くという内容。調査には当然危険を伴うのでベトナム戦争が終わったばかりのアメリカ軍「スカイデビルズ」という部隊を率いるパッカード大佐に応援を頼みます。しかし、このとき、部隊にモナークは「ただの地質調査だ」と嘘をつきます。また、サバイバルに強いということで、元SAS(イギリスの特殊空挺部隊)に所属していたコンラッドにも声がかかります(もちろん嘘を付かれています)。

 髑髏島はいつでも嵐に囲まれていて今まで近づけない孤島でしたが、なんとか軍用ヘリで嵐を突破します。喜ぶ隊員たちでしたが、そこに島の巨神コングが現れます。次から次へヘリを壊していきます。なすすべもなく死んでいくパッカードの部下隊員たち。ここでコンラッドやパッカードはモナークがただの地質調査に来たわけでないと悟り、憤ります。パッカード大佐は多くの部下を殺したコングに復讐を誓います。

 3日後には救出の部隊が来ますが、それまで持ちこたえなくてはいけません。部隊も散り散りに(パッカードたちとコンラッドたちのチームに分かれました)。。。

 この島にはコングのほかにもモンスターがうようよしている島です。巨大なクモ、巨大なタコ、巨大な怪鳥などなど、すべてが巨大なモンスターたち。隊員は一人、また一人と殺されていきます。

 そんな中、コンラッド組は途中で驚くべき人に会います。なんと第二次世界大戦中にこの島に辿り着き生き延びてきたマーロウ中尉です。その人に案内され、コンラッド組は島の部族がすむ安全な場所へ案内されます。そこでコングはこの島の守り神だということを知ります。それと同時にスカルクローラーという恐ろしい巨大トカゲの化物の話を聞きます。クローラーたちは地中で眠っていましたが、部隊が地質調査のための爆弾を投下したことで目覚めてしまいました。彼らはコングの両親も食べてしまうほど凶悪です。コンラッド達はマーロウ中尉の戦闘機を改造した船で川を下り、3日後の救出合流地点へと行くことに。

 一方復讐を誓ったパッカードたちの部隊の生き残りはヘリから武器を調達して、コングを殺す計画を企てます。途中で合流したコンラッド組とパッカード組は脱出優先かコングせん滅かで揉めます(この時点で、コンラッド達はコングを誤解していたことに気づき、コングの肩を持ちます。)。しかし、パッカードは一歩も譲らず生き残りとともに武器を持ってコングを迎え撃つことに。夜、コングがパッカードたちの前に現れ、戦闘が開始されます。コンラッド達は止めにかかりますが、コングはダメージを負います。そこに恐れていたスカルクローラーの親玉が出現します。パッカードは殺されてしまいます。

 コンラッド・マーロウ中尉組は逃げ続け、救出ポイントに向かって川を下りますが、途中でスカルクローラーに追いつかれます。ここでコングが復活。スカルクローラーと最後の戦いになります。激しい死闘の末、コングが勝利し、コンラッド・マーロウ中尉組は島を脱出出来ました。

 

<エンドロール後>

 マーベル映画と同じくエンドロール後には次回作への布石があります。生き残ったコンラッド、メイソンは他のモナークの生き残りメンバーから衝撃の事実を聞かされます。「コングは確かにあの島の王だったが、王は一人じゃない」といい、古い壁画の写真を見せられます。そこにはゴジララドンモスラキングギドラが描かれていました。ここで物語は終わります。これは次回の「GODZILLA king of Monsters(2019)」に続く内容です。これからの「モンスターバース」の快進撃に期待です。

 

<モンスターバース>

 本作品はモンスターバースという作品群の一つです。マーベル・シネマティック・ユニバースやDCエクステンディッド・ユニバースのように、複数の作品が一つの世界観を共有している作品です。というと、「じゃあ予備知識ないと厳しいんじゃ・・・」と思うかもしれませんが、本作、キングコングは単独映画としても充分楽しめる出来となっております。全く問題ありません。

 しかも、モンスターバースはまだ始まったばかりです!前作は「GODZILLA(2014)」です(渡辺謙さんが出演しています)。その一作品だけなので、現時点ではそれさえ鑑賞しておけばOKです。

今後、ゴジラキングギドラモスララドンとの戦いを描く「GODZILLA king of Monsters(2019)」や本作のキングコングゴジラの死闘を描く「GODZILLA vs Kong(2020)」が予定されています!

◆モンスターバースのゴジラ

f:id:marvel-networks:20170326213730j:plain

 

いかがだったでしょうか。これからモンスターバースはマーベル映画やDC映画のように広がり続けると思います。まだ始まったばかりなので、チェックしてみてはいかがでしょうか。

 

今回はここまで。

ありがとうございました。