marvel-networks blog

アメコミ映画、アメコミドラマ、アニメ、フィギュアなどをご紹介します(Twitter:@MARVEL_NETWORKS)

今年も東京コミコンがやってきます!

2017/10/29

 

SHOWです。

 

 最近台風が多くて大変ですね。朝の通勤や通学に多大な影響を及ぼしています。自分も例に漏れず通勤が大変でした。

 さて、本日は「東京コミコン」について少しご紹介いたします。

 

<東京コミコンって何?>

 まず、コミコンとは「コミックコンベンション」の略で世界中で行われているポップカルチャーとテクノロジーのイベントです。海外のコミック(アメコミ等)、洋画、ドラマ、アニメ、ゲームなどが中心のイベントで、アメリカのサンディエゴでは毎年7月に行われて13万人もの人が参加するビッグイベントです。

 去年から日本でも行われるようになり、今年は2回目です。詳しくは東京コミコン2017をチェックしてみてください。

 

<日時と場所>

日時:2017年12月1日(金)~2017年12月3(日)

12月1日:12:00~19:00

12月2日:10:00~19:00

12月3日:10:00~18:00

 

場所:幕張メッセ ホール9-11

 

<入場券>

入場券は現在、チケットぴあ等で前売券が発売中です。

前売券:大人3200円、中高生2200円です(小学生以下は無料)。

当日券:大人3500円、中高生2500円です(小学生以下は無料)。

※チケット詳細はこちら(チケット Ⅰ 東京コミコン2017

 

<コミコンの目玉>

 コミコンの目玉は何と言ってもスペシャルゲストだと思います。海外から著名人がやってきて、サイン会や撮影会が行われます(サイン会や撮影会には別途チケットを買わなければなりません)。今年のゲストも豪華です。私もチケットを買い、当日サイン会や撮影会に参加する予定です。

 

 

<スペシャルゲスト>

 スパイダーマンX-MENアベンジャーズ等の原作を手掛けた生みの親であり、アメコミ会のレジェンドと呼ばれているスタン・リーさん。

f:id:marvel-networks:20171029150543p:plain

 

 スティーブ・ジョブズさんらと共にAppleを創設したテクノロジーの王と呼ばれているスティーブ・ウォズニアックさん。

f:id:marvel-networks:20171029150607j:plain

 

 海外ドラマ「ハンニバル」や映画「ドクター・ストレンジ」、「ローグワン/スターウォーズストーリー」などが有名な俳優、マッツ・ミケルセンさん。

f:id:marvel-networks:20171029150625j:plain

 

 映画「ロード・オブ・ザ・リング」や「スタートレック」などが有名な俳優、カール・アーバンさん。

f:id:marvel-networks:20171029150643j:plain

 

 海外ドラマ「キャッスル/ミステリー作家は事件がお好き」などが有名な俳優、ネイサン・フィリオンさん。f:id:marvel-networks:20171029150701j:plain

スティーブ・ウォズニアックさんのサイン会と撮影会は予定されていません。

  

 洋画や海外ドラマでは見ていても、こういった機会がなければなかなかお会いできない、豪華なゲストですね。

 撮影会やサイン会のチケットは一部売り切れもありますが、チケットぴあ等で購入できます。また、こういったサイン会や撮影会のチケットは昨年、当日券も販売されていましたので、売り切れているチケットも当日チャンスがあるかもしれません。

 

 私自身、マーベル映画が大好きなので、マーベルコミックの伝説スタン・リーさんや「ドクター・ストレンジ」でカエシリウス役を演じたマッツ・ミケルセンさん、そして11月3日公開の「マイティ・ソー/バトルロイヤル」でスカージ役を演じているカール・アーバンさんのサイン会と撮影会に参加する予定です。

 ちなみに昨年はアベンジャーズホークアイ役を演じているジェレミー・レナーさんが来日して話題になりました。

 

<他にも楽しみがいっぱい>

 もちろん楽しみは他にもあります。コスプレが好きな人には「コスプレコンテスト」や「集合撮影会」等が予定されています。

 昨年、ステージではスタン・リーさんなどのゲストを招いたトークショー、映画の撮影に使われたものを展示するスペースなどもありました。今年も行われるでしょう。

 その他にもアメコミ関連の企業ブースや個人ブースも沢山出展されていて、一日では足りないくらい盛りだくさんな内容でした。

 

 いかがでしたか。海外のポップカルチャーが好きで、気になっている方は1日でも足を運んでみてはいかがでしょうか。きっと楽しめると思います。

 

本日はここまで。

ありがとうございました。