marvel-networks blog

映画の感想など(Twitter:@MARVEL_NETWORKS)

幸せの価値観

2018/07/28

 

SHOWです。

 

台風が近づいてきていますね。早めに備えましょう。遊びに行く人やお仕事の人もいると思いますが、安全第一です。お気をつけて。

 

さて、実は最近知り合いから相談があって考えさせられたことがあったので、今回は趣味と人生観のお話を少し。こういったことは十人十色なので、あくまで私の価値観になります。当然、理解や共感を得ようとも思っていません。お気楽に読んで下されば幸いです。

 

<価値観>

 幸せの感じ方を表現するって難しいですよね。明確に数字で表現できません。「あー今幸せ度15かな~」みたいなことはありません。本人が幸せと感じれば幸せだし、不幸と感じれば不幸です(当たり前ですが)。他人から見てその人が幸せそうに見えても本人は不幸に思っているかもしれない。逆もまたしかり。

 現代の世の中を見ていると多様な価値観があるため、人の感情を推し量るのはとても難しい時代です。一昔前は「良い大学出て、良い会社に就職して、結婚して、子供作って・・・」みたいなことが幸せの最強フォーマットみたいな感じでしたが、今はそんなことないですよね。また趣味も旅行や車、時計等々、「みんながハマっているから自分もそれを趣味にする」みたいな風潮がありましたが、今はあらゆる趣味が世界中に存在していて、個々人で楽しんでいます。

 簡単に言えば、マスコミや広告代理店が打ち出した「これが流行!」みたいなものに良い意味で皆の関心が段々無くなってきています。

 

<社会人生活と趣味の両立>

 高校生や大学生になると進学する方以外は、大抵「就活」が待っています。自分も経験しました。個人的にはかなり面倒なイベントでした。幼いころから別にやりたいことなんてなかったし、人生の目標みたいな御立派なものもありませんでした。ハリウッド映画や深夜アニメの観賞が好きでしたが(インドア派です)、それを仕事にするのは嫌でした。というのも、ネットをみると映画やアニメの業界がそうとうブラックっぽかったので(本当かどうかはわかりませんが)。

 就活するときに多くの人が気にするのが給料ですよね。高ければ高いほど人気の会社になります。そりゃそうだ。給料がなければご飯が食べられないし、将来的に家庭を持つことも危うい。でも自分は高い給料はそこまで魅力的な基準には写りませんでした。もちろん給料が高いに越したことはないのですが、大抵高給なら激務が待っています。例外はありますが。自分は多少薄給でも(限度はありますが)休暇が多かったり、残業が少ない会社を探しました。趣味の時間を減らさずのんびり過ごしたかったので。

 そんな訳で、いろいろ調査して就職。慣れない社会人生活で途中、へばりそうになりましたが、年間休日もそこそこ多く、残業もそこまで多くないので、かれこれ6年くらいやってこれました。給料は同世代と比べると多少、少ないかもしれませんが満足しています。

 学生時代からの趣味であるハリウッド映画や深夜アニメもちょいちょい見続けています。学生時代より自由な時間は減りましたので、多くの作品を観ることは出来なくなりましたが、経済的に余裕は出てきたので、国内のコミコンやハリコンに行って俳優さんに会ったり、ホットトイズみたいな高価なフィギュアも少しずつ集めたりしています。これが非常に楽しい。最近はアニメやゲームのコラボカフェ行ったりするのにもハマっていて、お金がどんどん減っていきます。でも楽しい。自由な時間が減る代わりにお金が増えることは良いところでもあり、悪いところでもあります。

 

<自分の価値観を押し付けない>

 飲み会で良くありますよね。「○○やってないなんて、人生の半分を損しているよ~」とか「○○が趣味なの?さみしい人生だね~」みたいな意見。ぶっちゃけ全然気にする必要はないと思います。趣味なんて自分が楽しいか否かです。それ以上でもそれ以下でもない。

逆に自分からそういったことも言わないようにしています。その人にはその人の趣味があります。他人は他人、自分は自分です。仕事で協調性がまるでないのは問題ですが、プライベートまで他人に合わせる必要はないと思います。

 

というわけで、今回は色々あって、いつもと違う感じでブログを書いてみました。

 

次回からはまた趣味全開の記事になると思います。2018年下半期に観たい映画とか2019年に観たい映画とか最近買ったフィギュアとか。。。

 

ありがとうございました。